メールニュース


◇◆◇ JapanFlux メー ルニュー ス No.114 ◇◆◇ 2019.4.12 発 行 ◇◆◇

===============================================================

 今号の記事カテゴリ一覧

■ イベント情報(7件)

■ イベント報告(1件)

■ 事務局からのお願い(2件)
===============================================================


■ イベント情報

----------------------

期 日:2019年5月14日-17日
会 場:雲南省、中国
アブストラクト提出締切:4月15日(月)
参加登録締切:4月30日(火)

期 日:2019年5月15日-18日
会 場:国立オリンピック記念青少年総合センター(渋谷区)

期 日:2019年5月16日(水) 13:00-17:00
会 場:日本学術会議 講堂(港区)
主 催:日本学術会議 農学委員会農業生産環境工学分科会、環境学委員会環境科学分科会
★JapanFluxは当シンポジウムの後援をしています。参加費無料、事前登録不要です。是非ご参加ください。

期 日:2019年5月26日-30日
会 場:幕張メッセ(千葉市)
早期参加登録締切:5月8日(水)23:59
★5月28日(火)にJapanFlux関連のセッションがあります。
午前【A-CG39: 陸域生態系の物質循環(コンビナー:加藤知道)】
午後【A-CG32: Global Carbon Cycle Observation and Analysis(コンビナー:市井和仁)】
セッション後には合同親睦会も予定しております。皆様、奮ってご参加ください。

期 日:2019年7月28日-8月2日
会 場:シンガポール
投稿最終締切:2月12日(火)
★JapanFluxに関連したセッションが開催されます。
【BG04: Remote Sensing of Essential Climate Variables and Its Applications】(コンビナー Dr. Wei Yang(千葉大))
【BG07: Recent Trend of Land and Ocean Biogeochemical Cycles in Asia】(コンビナー 近藤雅征(千葉大))

期 日:2019年9月2日-6日
会 場:ライプツィヒ、ドイツ
アブストラクト締切:2月19日(火)
★基調講演では、炭素・GHG観測分野のリーダー数名に登壇していただく予定です。
分野横断的な議論の場となるよう計画しております。多くの方のご参加をお待ちしております。

期 日:2019年9月29日-10月5日
会 場:岐阜大学(岐阜市)、飛騨・世界生活文化センター(高山市)
参加登録が公開されました。
早期参加登録締切:6月19日(水)
最終参加登録および参加費支払い締切:7月10日(水)
アブストラクト提出締切:7月10日(水)
随時情報を更新していきます。是非ご参加ください。

■ イベント報告

-------------------------

日本農業気象学会2019年全国大会及びInternational Symposium on Agricultural Meteorology 2019 (ISAM2019)

【OS-A】オーガナイズドセッション「近接リモートセンシングを活用した陸域生態系モニタリングの高度化に向けて」セッション報告

オーガナイザー:小野 圭介、細井 文樹

先日、静岡県立大学草薙キャンパスで開催された日本農業気象学会2019年全国大会(3月27~29日)において、JapanFlux及び

リモートセンシング・GIS研究部会の主催によるオーガナイズドセッション「近接リモートセンシングを活用した陸域生態系

モニタリングの高度化に向けて」が行われました。これまで学会内でのコラボレーションがあまりなかったフラックス分野と

農業リモートセンシング分野の合同セッションということで、80名以上の方々に参加いただき、実験室からタワーまで様々な

スケール・技術の先進的な研究事例を共有することができました。

講演内容等については後日 学術誌「生物と気象」に掲載される予定ですので、そちらをご覧ください。(農環研 小野)

 

■ 事務局からのお願い

-------------------------

AsiaFlux/JapanFlux 事務局では、AsiaFlux Database への新規サイト登録・サイト情報更新・データ登録を推進しております。

登録可能なサイトのデータがございましたら事務局までご連絡ください。


皆さまの関連した論文情報を共有したいと思いますので、発表された論文がありましたら情報を事務局までお知らせください。

ご協力よろしくお願いいたします。

============================================================
今回のメールニュース記事はここまでです。
メールニュースに掲載したいイベント告知や報告、有益な関連情報がありましたらJapanFlux事務局までご遠慮なくお申し出ください。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

----------------------------------------------
JapanFlux メールニュース
発行者:JapanFlux 事務局